マツダがフレアをフルモデルチェンジ


マツダがフレアをフルモデルチェンジ(ワゴンRのOEM車)
写真はOEM元の新型ワゴンR

マツダが、主力の軽自動車である「フレア」をフルモデルチェンジしました。

フレアは、スズキのワゴンRのOEMモデルで、ワゴンRが新型になったことに伴うフルモデルチェンジです。

ワゴンRとの違いはスズキのエンブレムかマツダのエンブレムかというだけで、あとは同じ車になりますが、ワゴンRよりもグレードが絞られていて、2グレードだけの展開になっています。

また、旧型ではスティングレーのOEMモデルである「フレアカスタムスタイル」が設定されていたのですが、新型ではいまのところカスタムスタイルの設定はありません。

そのため、ターボ車の設定はなく、マイルドハイブリッドのNAエンジンのみの展開となっています。

また、旧型ではフロントグリルなどにオリジナルデザインを使っていましたが、新型ではワゴンRとまったく同じデザインになってしまいました。

このあたりは、スズキがトヨタと提携したことも多少は影響しているのでしょうか(もっとも、マツダもトヨタと協力関係にあり、そのトヨタはスズキのライバルであるダイハツを子会社に持っていて、少々複雑です)。

マツダは普通車の販売が好調なので、これまでよりも軽自動車へあまり力を入れなくなっているのかもしれません。

スズキにしてみれば、日産からも軽自動車のOEM関係を解消され、かなり厳しい状況になっているのではないでしょうか(だからこそトヨタと提携したのでしょうけど)。

ということはさておき、新型ワゴンRはそんなスズキが持てる技術力を惜しみなく投入した車で、全方位に隙のない車に仕上がっています。

そのOEM車である新型フレアも、あらゆる面で軽自動車のトップレベルにある車と言えます。

価格も117万円からと旧型からあまり上がっていないので、マツダの軽の中では人気車となるでしょう。

なお、OEM元のワゴンRについては、下のリンクで詳しく紹介していますので参考にしてください。

注目人気車新型軽自動車 スズキ ワゴンR

マツダ フレアの基本情報

フレアの中古車一覧

Share Button

ズバット車買取比較

You may also like...