三菱の燃費不正行為でeKとデイズが販売中止に


三菱の燃費不正行為でeKとデイズが販売中止に

三菱が軽自動車のeKシリーズの燃費データで不正をしていたことが発覚し、eKワゴン、eKスペース、デイズ、デイズルークスが販売中止となりました。

eKシリーズのカタログ燃費は、他のライバルたちと同等の数値となっていましたが、雑誌などの実燃費テストでは他メーカーよりもかなり悪かったといった記事を見た記憶があります。

しかし、これがまさか不正によるものだったとは、考えもしませんでした。

三菱は日産に軽自動車を提供していて、この2社はパートナー関係になるのですが、その日産をも欺くとはビックリです。

やはりリコール隠し問題のあとも体質は変わっていなかったのだなと思わざるを得ません。

問題は、燃費データが操作されたということだけにとどまらず、不正をなんとも思わない体質だということにあります。

となれば、燃費以外にも、安全性などあらゆることについても信用してよいのかという話になってきます。

非常に残念なニュースで、軽自動車全体のイメージが悪くならないか心配です。

三菱は自業自得だとしても、日産は軽自動車の販売に大打撃を受けるわけで、この問題はどうなってしまうのかと・・・。

ただ、日産はスズキからのOEMも受けているので、今後はふたたびスズキと軽自動車の分野で協力していくことになるかもしれません。

あとは、三菱にユーザーに対する手厚いケアを望むばかりです。

Share Button

ズバット車買取比較

You may also like...