高級ミニバンのベンツ新型Vクラス発売


日本国内では、輸入車で唯一といっていい存在の高級ミニバン「メルセデスベンツVクラス」が、フルモデルチェンジしました。

新型Vクラスは、従来の商用車ベースの車ではなく、初めから高級ミニバンとして設計されていて、旧型との高級感の違いは歴然です。

日本の高級ミニバン市場は、アルファード、ヴェルファイア、エルグランドの、いわゆる「アル・ヴェル・エル」の独壇場ですが、新型Vクラスは新たな選択肢として浮上してくる可能性がある車です。

300万円強からある日本の高級ミニバンたちと比べると、535万円からという価格設定のVクラスはなかなか簡単には買えない車で、それほど台数は出ないはずですが、実質3車種しかない高級ミニバン市場では、あまりにも同じ車だらけでプレミアム感が薄れてしまうという状況になっています。

グレードによっては700万円以上もするのに、あまりにも普通に見かける車になってしまっているのは、プレミアム性を求めるユーザーからすれば物足りなさもあるはずです。

それに対して、Vクラスは受注生産のグレードを除けば620万円からとかなり高額なので、買える人も限られてきます。

街中で遭遇する確率は「アル・ヴェル・エル」と比べれば極端に低いはずで、プレミアム性が保たれます。

インテリアの使い勝手やシートアレンジの多彩さなどでは、日本の高級ミニバンのほうが圧倒的に出来がよく、正直言ってそこはVクラスは足元にも及びません。

しかし、プレミアム性という面で考えたときには、存在感はVクラスが圧倒的に勝ります。

どちらがおすすめかと聞かれたら、「アル・ヴェル・エル」と即答しますが(笑)、他人と同じ車はイヤというニーズは必ず存在していて、自分もそのタイプなので、そういう人にはVクラスという選択肢もあるよと言ってみます。

下取りや使い勝手やきめ細やかな気遣いなど、あらゆる面でアルファード、ヴェルファイア、エルグランドのほうがおすすめなのですが、だからこそVクラスを選ぶことに意味があるわけで、真の車好きならそういう選択もありじゃないかと思うのです。

Share Button

ズバット車買取比較

You may also like...