スペーシアにハイブリッド車のターボが登場

スペーシアにハイブリッド車のターボが登場

Sエネチャージというハイブリッドシステムを搭載し、スーパーハイトワゴンの中でも特に燃費が優れている「スペーシア」。

軽初のデュアルカメラシステムによる自動ブレーキ等の先進安全システムも搭載し話題となっているスペーシアですが、そのスペーシアに、ついにSエネチャージ+ターボエンジンのグレードが追加されました。

軽自動車の中でも燃費性能(特に実用燃費)で他社を一歩リードしているスズキが、ついにターボ車の燃費でも他社を大きく引き離すことになりそうです。

スペーシアは、競合他車と比べて軽量で、NAエンジンでも走りが軽快ですが、電動アシスト+ターボにより、走りにこだわるユーザーにも支持されることになるでしょう。

Sエネチャージは、アイドリングストップからの再始動が極めて静かで、走行中もターボの余裕のトルクによりエンジン回転数が抑えられることから、走りの質感も従来の軽自動車のレベルを超えるものとなりそうです。

嬉しいのは、Sエネチャージ+ターボがカスタムだけでなく、ノーマルモデルにも設定されたということで、ターボモデルが全3グレードから選べるようになりました。

さらに、ターボ車にはパドルシフトやクルーズコントロールまで装備され、非常に充実した装備内容となっています。

気になる燃費は、ターボ車でありながら、26.8km/lというクラストップレベルの数値。

スペーシアの基本情報はこちら

(参考軽自動車ランキング)

軽自動車の燃費ランキング

軽自動車の満タン時航続可能距離ランキング

軽自動車の自動ブレーキ装着車ランキング

軽自動車の室内容積ランキング

軽自動車のパドルシフト有無ランキング

ホームに戻る

軽自動車の基本情報

軽自動車は、日本独自の規格であり、ボディサイズやエンジン排気量が決められています。

小さくても広くて快適な軽自動車は、『』と呼ばれ、いまや新車販売の4割を占めるほどの人気となっています。

ボディサイズは、長さ3.4m以内、幅1.48m以内、高さ2m以内と決められていて、エンジン排気量も660cc以下となってます。定員は最大4名まで。

これだけ限られたサイズでありながら、室内は驚くほど広いのが当たり前で、快適装備や安全装備なども普通車となんら変わらないレベルにまで進歩しています。

毎年払う自動車税が、年間10,800円(2015年3月までの登録車は7,200円)と格安で、車検費用なども安いことから、経済性の高さでも注目されていますが、先進装備を積極的に採用したり、ユニークなデザインの車が多いことも人気の秘密です。

小さいので運転や洗車もラクですし、中古車相場も安定していますから、気軽に愛車が持てるという点で特に地方では日常生活に欠かせない車となっています。

また、限られたサイズながら本格的なスポーツカーやオープンカーなどまであり、趣味の車としても楽しめるため、多くの車好きを魅了しています。

軽自動車全車種のそれぞれの基本情報は、軽の新車情報から確認できます。

軽自動車の値引き

軽自動車は、一台当たりの利益が少なく、人気もあることから、値引きはあまり期待できません。

普通車では30万円や40万円といった値引きも珍しくはないですが、軽自動車の場合は、5~10万円程度というのが一般的です。

特に発売直後の新型車やスポーツカーなどの趣味性の高い車の場合は、値引きなしというケースもあります。

軽自動車の新車情報

軽自動車の新型車、モデルチェンジ、一部改良、特別仕様車などの最新情報は、軽自動車の新車情報から確認できます。

軽自動車の中古車相場

軽自動車は、中古車になってもあまり値が下がりません。

各車種の最新の中古車相場は、軽自動車の中古車情報から確認できます。

軽自動車の買取相場

軽自動車は、中古車市場では高値安定で推移していますので、買い取り額も高い傾向があります。

買取相場は、車種や車の状態などによって違ってきますので、売却や下取りを検討している人は、事前にこちらで適正な買取相場を調べておくことをおすすめします。

ズバット車買取比較

▲ページTOPへ▲

車情報サイトランキング

Copyright (C) 2001-2016 Oh!軽|軽自動車の新車情報、購入ガイド、比較ランキング, All rights reserved.