軽自動車に自動ブレーキ以外の先進予防安全装備を後付する方法

軽自動車に自動ブレーキ以外の先進予防安全装備を後付する方法

軽自動車の先進安全装備の進化は目覚ましく、新車ではほとんどの車に自動ブレーキなどが装備されるようになってきていて、予防安全の分野では軽自動車がもっとも普及が進んでいます。

ダイハツのムーヴに初採用されると、その後は他メーカーも追随して、スバル、スズキ、ホンダ、日産、マツダ、三菱、トヨタと、今ではすべての軽自動車メーカーで自動ブレーキなどが装着可能となっています。

予防安全装備の内容は、自動ブレーキのみならず、先行車発進お知らせ機能、誤発進抑制機能などのほか、一部車種では人検知機能、車線逸脱警報機能、ふらつき検知機能などまで装備してます。

衝突安全性という点では、一般的に大きな車よりも不利な軽自動車ですが、そもそも衝突そのものを回避する安全装備がここまで充実してくれば、そのリスクもかなり軽減されることになり、『軽自動車=安全性が低い』というのは過去の常識となりつつあります。

中古車に自動ブレーキを後付できる?

新車に関しては非常に充実した予防安全装備が採用されるようになってきた軽自動車ですが、ここまで進んだのはほんのつい最近のことで、数年前の軽自動車には自動ブレーキなどの予防安全装備は付いていないのが当たり前です。

『できれば、今乗っている車や中古車に自動ブレーキなどが後付できれば安心だな』と誰もが思うかもしれませんが、残念ながら自動ブレーキの後付は基本的に不可能です。

しかし、予防安全装備すべてが後付できないかというと、実はそうではありません。

新車についているものとまったく同じ性能というわけにはいきませんが、衝突しそうな場合に警報で知らせてくれる機能や、車線逸脱警報や先行車お知らせといったような機能なら、あるパーツを取り付けることで対応可能になるのです。

予防安全装備付ドライブレコーダー

そのパーツというのが『予防安全装備付ドライブレコーダー』です。

ドライブレコーダーとは、カメラで走行中の映像を録画する装置です。

録画した映像は、ドライブレコーダー本体やパソコンの画面などで見ることができ、フルHDの綺麗な映像で長時間録画できる機種などもあります。

ドライブレコーダーがあれば、万一の事故のときにその状況を客観的に把握することができるので、無用なトラブルを避けることができますし、証拠が残るので自ずと安全運転にもなります。

また、常時録画できるものであれば、旅行の際のドライブの様子を自宅で楽しむこともできますし、防犯カメラとして機能させることができる機種もあります。

そんな安全に寄与するドライブレコーダーに、最近では予防安全装備を備えたものが出てきているのです。

ドライブレコーダー自体が安全に寄与するものですが、それを装備することで予防安全装備の後付もできるとなれば、これはもう付けないわけにはいかないですね。

おすすめのドライブレコーダー


ユピテルDRY-AS400WGc

ユピテルのDRY-AS400WGcは、実売価格2万円台の親しみやすい価格ながら、車線逸脱警報、前方衝突防止警報、先行車発進お知らせ機能といった先進予防安全装備が付いていて、とても良心的です。

もちろん、ドライブレコーダーとしての機能も万全で、フルHD録画、電波干渉対策、音声録音、エンジンスタート連動常時録画などにもしっかり対応しています。


オートバックス.comで
他のドライブレコーダーを探す

ドライブレコーダーの取り付けはそれほど難しくはありませんが、車の配線などをまったくやったことがないという人は、ネットで買って近くの店舗で取り付けてもらうことができる、オートバックス.comがおすすめです。

店舗よりも安いweb限定特価で売られているものもあり、24時間いつでも注文できるので、店舗でゆっくり商品を選ぶ時間がないという人でも安心してお買い物できます。

取り付けに自信がある人は、楽天市場 などで買っても問題ありませんが、できるだけきれいに取り付けてもらいたいとか、取り付けた後の保証のことも気になるという人は、オートバックス.comを利用することをおすすめします。

新車が買えればそれに越したことはないですが、新車が買えなくても、予防安全装備付ドライブレコーダーを装着することであなたの車も最新の軽自動車に近い予防安全性能を備えることができますよ。

軽自動車の基本情報

軽自動車は、日本独自の規格であり、ボディサイズやエンジン排気量が決められています。

小さくても広くて快適な軽自動車は、『』と呼ばれ、いまや新車販売の4割を占めるほどの人気となっています。

ボディサイズは、長さ3.4m以内、幅1.48m以内、高さ2m以内と決められていて、エンジン排気量も660cc以下となってます。定員は最大4名まで。

これだけ限られたサイズでありながら、室内は驚くほど広いのが当たり前で、快適装備や安全装備なども普通車となんら変わらないレベルにまで進歩しています。

毎年払う自動車税が、年間10,800円(2015年3月までの登録車は7,200円)と格安で、車検費用なども安いことから、経済性の高さでも注目されていますが、先進装備を積極的に採用したり、ユニークなデザインの車が多いことも人気の秘密です。

小さいので運転や洗車もラクですし、中古車相場も安定していますから、気軽に愛車が持てるという点で特に地方では日常生活に欠かせない車となっています。

また、限られたサイズながら本格的なスポーツカーやオープンカーなどまであり、趣味の車としても楽しめるため、多くの車好きを魅了しています。

軽自動車の値引き

軽自動車は、一台当たりの利益が少なく、人気もあることから、値引きはあまり期待できません。

普通車では30万円や40万円といった値引きも珍しくはないですが、軽自動車の場合は、5~10万円程度というのが一般的です。

特に発売直後の新型車やスポーツカーなどの趣味性の高い車の場合は、値引きなしというケースもあります。

軽自動車の新車情報

軽自動車の新型車、モデルチェンジ、一部改良、特別仕様車などの最新情報は、軽自動車の新車情報から確認できます。

軽自動車の中古車相場

軽自動車は、中古車になってもあまり値が下がりません。

各車種の最新の中古車相場は、軽自動車の中古車情報から確認できます。

軽自動車の買取相場

軽自動車は、中古車市場では高値安定で推移していますので、買い取り額も高い傾向があります。

買取相場は、車種や車の状態などによって違ってきますので、売却や下取りを検討している人は、事前にこちらで適正な買取相場を調べておくことをおすすめします。

ズバット車買取比較

軽自動車のコラムトップに戻る

▲ページTOPへ▲

車情報サイトランキング

Copyright (C) 2001-2016 Oh!軽|軽自動車の新車情報、購入ガイド、比較ランキング, All rights reserved.